事業内容

WORK

建物の電気全般の施工をするのが電気工事

建物の電気全般の施工をするのが電気工事

電気工事とは?

電気工事では、建物に必要不可欠な電気に関する工事を行います。
コンセントの増設や、建物の電気回路の根本となる「分電盤」の設置など、建物に電気を張り巡らせ、息を吹きこむ重要な工事です。
電気工事は4つのカテゴリーに分類することができます。
1.照明・コンセントのための配線・設置工事
2.漏電調査やでの保守点検や分電盤の設置工事
3.ソーラーパネルの設置やオール電化のための工事
4.監視カメラや火災報知器を設置する防犯・災害向けの工事

これらの仕事を行うには、「電気工事士」という資格が必要です。
電気工事士資格に関してはこの後詳しく説明します。